人事労務管理をシステム化することで業務を簡略化しよう

PCを見る女性

労務管理を効率化するには人事労務管理システムを導入しましょう

2018年の働き方改革法により、今、企業では残業時間の見直しや、有給休暇の取得の義務化が求められています。そのため、人事担当者は、今までよりもさらに細かい労務管理をしなければならなくなりました。残業時間の計算や、有給休暇があと何日残っているのかなど、従業員ひとりひとり違うので、人事の労務管理はかなり大変な作業になります。これらの複雑な業務を効率よく行うためには、人事労務管理システムを導入するのがおすすめ。労務管理システムを導入することで、正確に、またスムーズに勤怠の管理ができるので、有給休暇取得の義務化にも対応しやすくなるというメリットがあります。また、毎月の給与明細や、賞与明細をメールで送るなどWEB対応とすることで、無駄に紙を使わずに管理できるので、会社の経費削減にも繋がります。従業員はスマホやパソコンで給与振り込みを確認することが出来るようになります。ほかにも、従業員の住所・氏名・年齢など基本的な情報から、社会保険や雇用保険などへの加入状況の管理まで人事が担当するあらゆる業務が、確実に管理することができるようになります。このように、人事労務管理システムを導入することはこれからの企業には必須と言えます。

new posts

2019年05月28日

システムを活用した一元管理で人事労務管理業務を分かりやすくしよう

労務管理や人事関連の業務は、普段あまり意識していませんが、社員の数が多い会社では、実は相当な負担になっています。会社の体制によって、労務管理業務は電子化されていて、人事手続きのある部分は書式を使った処理、あるいは人事関連の申請業務は大部分電子化されていて、労務管理はマニュアル方式など、いろいろなパターンがあるでしょう。このように、人事・労務管理関連の業務が、部分的にのみシステム化されていると…

2019年05月28日

人事労務管理システム導入のメリットについて

複雑な人事労務関係の業務をより効率的に行うためには、人事労務管理システムを導入するのがおすすめです。そもそも、人事労務関係の業務というのはどのようなものなのか。例を挙げると、入社退社などの申請処理、給与の計算、労働時間の集計、配置・移動、人事評価、社員教育など多義に渡ります。この他にも色々な業務があり、これらの業務の効率化を図ることができるのが、人事労務管理システムで…

2019年05月28日

労務管理を効率化するには人事労務管理システムを導入しましょう

2018年の働き方改革法により、今、企業では残業時間の見直しや、有給休暇の取得の義務化が求められています。そのため、人事担当者は、今までよりもさらに細かい労務管理をしなければならなくなりました。残業時間の計算や、有給休暇があと何日残っているのかなど、従業員ひとりひとり違うので、人事の労務管理はかなり大変な作業になります。これらの複雑な業務を効率よく行うためには、人事労務管理システムを導入する…

2019年05月28日

システムを導入して人事労務関係の仕事を効率化しよう

人事労務管理のややこしく複雑な業務を効率化するためには、業務効率化システムを導入するのが最も効果的です。人事労務関係の様々な申請や手続き、情報の管理などにかかる余計な人手や手間も、人事労務管理システムを導入することで、減らすことができるのです。他にも、人事労務管理のシステムを導入くることによって、得られるメリットは色々とあります。例えば、入社退社などの申請の処理。…